FC2ブログ

黒い魔物に魅せられて(仮)

オオクワガタの魅力に嵌った男が、とりあえず86mmUPを目指し悪戦苦闘しながら失敗談を記録するブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプリッターでスプリット  

本日も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。
※今回は、いつも以上に中身の薄い内容でお届け致します。

こんばんは。
今日は色々と忙しく昆虫達の餌やりも普段より若干、雑目に行ったのが悪かったのか
餌やり終了後にゼリースプリッターを洗う時、何を血迷ったか四角柱のパーツを分解するのを忘れ
そのまま左の中指を突っ込み指先を軽くスプリットしてしまいました(笑
※画像は自主規制
普段の行いが悪く罰が当たったのでしょうね(´・ω・`)

今日は国産カブトの産卵に再チャレンジしようと思い
1番気に入ってる大きくて横幅も有る♀を手に取って見たら
両前足のフセツが無くなったいました@@;

両前足フセツ欠損 

慌てて残りの5頭もチェックすると2頭が片方の前足のフセツが欠損・・・。
もう1頭は右の後ろ足が欠損。。。(こいつは、まだ行けるか!?)

大きめの♀ばかりフセツが欠損しています。
幼虫時の餌のマットに原因が有るのでしょうか?
4月下旬羽化なので、交尾・産卵させるのが遅すぎなのでしょうか
テスト産卵では卵を産まずに♀が★になり
今年はカブトの産卵を諦めろって事ですかね(汗

と、言う事で今年は残り3頭の♀で産卵を試みます。
ダメなら、このままフェードアウト(減種)します。

ー余談ー
あんなにポケモンGOに夢中になっていた子供達ですが 
歩いても歩いても、殆どポッポとコラッタしか出ないらしく飽きてしまった様です
(いくらなんでも早すぎじゃね?)
恐るべし地域格差

今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問も心よりお待ちしております。
スポンサーサイト

雨上がりの野外採集は  

最高ですね^o^b

本日も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。

2016年7月20日 天候:曇り 気温:20℃

ここ3日間「曇りのち雨」が続き、ようやく雨が上がったので野外採集ルートを一巡して来ました。
第一チェックポイント到着。(車内にスマホ忘れたので画像なし)
蹴木一発目で落ちて来ました!そこそこのサイズの♂と♀(♀ははリリース)
他の木も数本蹴るも大きいのが落ちてこないので移動。

第二ポイントは不発。

第三ポイントはミヤマクワガタやアカアシクワガタが群がる木。
居ました居ました
2016072001_convert_20160720192652.jpg 
御盛んですね(笑  目測で65mm未満と判断した為、放置。

2016072003_convert_20160720192742.jpg 
おっ!?

2016072002_convert_20160720192711.jpg 
一応65mmUP。左のアゴ先が欠損していますが、とりあえずキープ。

2016072004_convert_20160720192759.jpg 
同じミヤマの♂とは思えない形と大きさ(右:40mm未満 左:68mm)

一応、65mmUP2頭キープしたので最後のチェックポイントへ。

野外採集最大の敵が現る!
目的の木に近づくと、根本から


2016072011_convert_20160720193115.jpg 
キツネが飛び出してきました@@!
なかなか木のそばから離れません。
しまいには餌を食べた猫の様に口の周りを舌で舐める仕草。
なにか怪しいぞ!?
そして、この態度
2016072012_convert_20160720193133.jpg (笑

キツネを無視して樹液が沢山出ている根元を見ると
いつもなら小さくても必ず居るはずのクワガタの姿は全く無く真新しい上翅だけが数枚落ちていました

そうですキツネに食われていたのです(´・ω・`)

キツネだけに
(#゚Д゚)コンニャロォ~っ!って怒りたかったですが止めときました。


2016072010_convert_20160720192943.jpg 
キツネの餌食にならずに助かった、お2人の姿です。
自分と同じ大きさ位の♀と交尾をしている45mm未満の♂ミヤマ

本日の結果:左アゴ欠け68mm と ちょっと大きめサイズ(まだ秘密)の2頭お持ち帰りです

自宅に帰って確認すると
左アゴの欠けた♂・・・実は左前足も欠損していました。
アゴばかり気になっていて気が付きませんでした(´・ω・`)
2016072005_convert_20160720192819.jpg 
現場で撮影もしていたのに・・・。

と、言う事で次回のブログ記事は
プレゼント企画の詳細発表致します!




今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問も心よりお待ちしております。

ヨツボシヒナカブト マット交換  

本日も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。

前のブログで本日、午後から野外採集に行く予定でしたが
出かける直前に小雨が降る始末。。。
子供達も楽しみにしていたので一応、山の麓まで行くも山は雲に覆われ全く姿が見えない為中止に(´・ω・`)
その代り少し離れた『サクランボ狩り』が出来る農園へ行き家族で急遽サクランボ狩り。
シーズンオフも近くお客は誰も居ません(笑
木の上に鳥避けのビニールの屋根が有るので雨でも平気です^^
30分程楽しんで直帰しました。
サクランボ 
完熟サクランボ 小ぶりだけど甘くて美味しかったです。

天気予報では19日まで毎日「曇りのち雨」の予報。
20日は腹を空かせたBIGサイズが樹液に群がりそうな予感。。。


さて、ここからが“やっと”本題です(汗

札幌に有る昆虫専門販売店 むし博士様の『ギネス・カブトマット』
9日程前から十分にガス抜きを行い4日前に加水&ボトル詰めしていました。
今回の詰め方は800㏄の半透明ボトルに約200gを固詰め(底から約2~3cmmくらい)
後はむし博士の店長様に教わった通りにボトルの口元位までマットをいれて『トントントン』
ある程度詰まったら更にボトルの口元までマットを入れて『トントントン』
加水の程度にもよりますが、ボトルの重さを含めて450g
この、ゆるふわの詰め方でマット1袋10ℓで800㏄ボトル10本出来ました。

いよいよ約3週間ぶりの御対面です!

2017.0717 ヨツボシ幼虫 

1頭も落ちる事無く10頭全員、元気で艶々のプリップリです!
次回3ヵ月後に再会しましょう^o^/ また元気な姿を見せてね。

ヨツボシヒナカブト0 
        (画像提供:Dorcus space M's様)


今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問も心よりお待ちしております。

2年は長い!?  

本日も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。

ミヤマクワガタの孵化⇒羽化まで20ヵ月~24ヵ月と聞いています
去年から初めて挑戦していますが、やっぱり2年長いですね(笑
まだ折り返し地点の手前ですよ^^;
幼虫を毎年飼育していれば羽化個体が毎年出るので、そんなに長く感じられないかも。。。

2016/07/17 ミヤマ18g 

最大で体重18gが3頭。
まだまだ伸びしろは有るのでしょうか?

体重的に♀と思われる幼虫に卵巣は確認できません(´・ω・`)
ミヤマ体重 
A-5が全く大きくならない原因は
恐らく初令から初2令になりたて脱皮直後時の対応の悪さが原因かと思われます><
知識の無かった自分の責任。

今年は卵・幼虫が沢山取れたら色々なマットを試してみたいです。

忘れていたカブトの産卵セットを確認した所・・・
♀は
地表近くで顔だけ出していたので、まだ生きていると思い捕ろうとしたら頭がポロリ@@!
★になっていました。( ̄- ̄)人 i

採れた卵・幼虫の数は・・・
テスト産卵失敗です
産まなかった考えられる原因は沢山有りすぎて…。(汗

午後からは野外採集に行って来ます。
天候:曇り 最高気温22℃ まずまずではないでしょうか?
狙うは♂65mmUPのみすっ!
^^b


今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問も心よりお待ちしております。

2015年度分オオクワガタ羽化最終報告  

今宵も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。

2015年度分の最後の幼虫が6月29日に羽化した事を確認。
あれから週間以上が経過…。
菌糸ボトルの外側から蛹室内が丸見え状態。
意外と大きく見えてしまう羽化個体。

しかしながら過去の体重記録を見ると
1本目⇒2本目交換時 20g(既に諦めモード)
2本目⇒3本目交換時 記載なし(現状維持か1~2g程度の体重減。全く期待していない証拠)

やはり、幼虫時の体重は正直ですね><
全く大きく有りませんwww

結果は71.0mmでした(´・ω・`)


2015年度 BEST3の発表です。
①76.8mm 祖父江産
②72.3mm 祖父江産
③71.0mm 阿古谷産

気になる?能勢YG血統?の最大は69.3mm…惜しくも4位の結果に終わりました(爆
羽化した15頭の中で一番小さかったのも能勢YG血統で59.5mmです。

果して今後、能勢YG血統で86mmUPを羽化させる事は出来るのでしょうか?不安です。
今年は良血統なので去年までとは条件は異なりますが
幼虫18頭飼育では相当運が良くなければ86mmUPは羽化しないんでしょうね?


2015年度最終結果 
(左:最大76.8mm 祖父江産  右:最少♂59.5mm 能勢YG)

71.0mmの阿古谷産は♀とペアで甥っ子にあげる予定です。

今日も読者プレゼント用のミヤマを探しに行きましたが
60mm以下の♂しか見つけられませんでした。(しかも殆ど交尾中ばかりw)
3連休は月曜日が雨予報なのでチャンスは明日のみ。。。
がんばりますっ!

今夜は、この後2015年度生まれのミヤマクワガタ幼虫のマット(瓶)交換
そして、明日はヨツボシヒナカブトの幼虫ちゃん達も初めてのマット(800㏄瓶へ)交換予定です。


あっ@@!・・・カブトムシの産卵セットに♀入れていた事・・・すっかり忘れていました(爆



今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問も心よりお待ちしております。

1本の木から大量GET!?  

今宵も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。

今日は仕事が定時で終わった為、需要が有るかわかりません
ブログ読者様&Twitterフォロワー様向けのプレゼント用の個体を探しに
夕方からバナナトラップを仕掛けつつ野外採集に行って来ました。

目標は♂65mmUP ♀37mmUPです

偶然にも凄い木を発見しました!
大木の樹液にミヤマクワガタが鈴なりに群がっています。

ミヤマすずなり2 

で、この木1本から採れた結果が

コレっ!

2016.07.14採集結果 

しかしながら
ミヤマ♂ 42.6~59.0mm 9頭
ミヤマ♀ 30.5~39.9mm 5頭
アカアシ♂ 27.0mm 42.4mm 
アカアシ♀ 25.1mm 26.0mm 26.6mm
正体不明♂ 22.4mm 26.6mm
合計21頭
残念ながら65mmUP~のミヤマ♂が1頭も捕獲出来ませんでした(´・ω・`)が
かなりの高確率で交尾していると思われますがプレゼント用にミヤマ♀39mm弱2頭+と37mm弱1頭
個人用にアカアシ♂42.4mmと♀3頭と種類不明♂22mmはキープ。

残りは全てリリースしました(´・ω・`)

今週末迄にミヤマ♂65mmUPを捕まえプレゼント企画やってみたいです。。。


このクワガタの種類分かる方いらっしゃいますか?
コクワ? 

22mm 

体長さは1円玉の直径より少し大きい22~23mm弱で足は赤くないです。
コクワでしょうか?

御存じの方教えて下さい。
宜しくお願い致します。



今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問も心よりお待ちしております。

なまらめんこい  

WDアカアシクワガタGETだぜっ!

今宵も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。

やっぱり『デジタルノギス』『クワノギス』が欲しいです!

実は昨日ミヤマクワガタを採集している時に
アカアシクワガタのペアも捕獲していたのです ( ̄ー+ ̄)

2016.07.12 アカアシクワガタ① 

サイズは・・・
何とも言えない微妙な大きさ。

2016.07.12 アカアシクワガタ② 

♂31.6mm ♀23.5mm くらいです。。。(アナログノギスで測定)
やはり寒い北海道では大きく育たち憎いのでしょうか?
逆に、もっと小さければ最小サイズでギネスも狙えるのに(笑

このペアも恐らく交尾済みと思われる為、産卵⇒羽化させても大きくならないかも...。
あれっ!?アカアシクワガタの幼虫は菌糸飼育で良いのかな?

去年、WDのカブトムシ幼虫を♀だと思って飼育したら30mmちょっとの♂が羽化しました(汗
とっても可愛いかったので更に小さい♀と交尾させて小カブトを目指しブリードした結果・・・
最大81mmの♂が羽化してガッカリ。(ヨツボシヒナカブトのブリードを始めた要因のひとつです)
マットにこだわり(笑)と温度管理が良すぎたのでしょうかね(´・ω・`)?
全くもって非常につまらない結果に終わった事が記憶に新しいです。

元々、北海道には生息していなかったカブトムシ・・・
親虫はホームセンターで売られていたカブトムシが放虫された可能性が大。
DNAを調べて最終的に辿り着く先が○カン社製だったりして(爆


今朝、夜明けと共にミヤマ採集に行きましたが外気温15℃と気温が低い事も有り
結果は坊主
52mm♂をリリースする予定でしたが寒くて若干、動きが鈍かった為リリースも中止しました。



今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問も心よりお待ちしております。

深山  

と書いて

“ミヤマ”と読む

今宵も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。

本来、このブログはオオクワガタの86mmUPを羽化させるまでの記録を綴る目的で始めたはずが・・・
気が付けばミヤマクワガタとヨツボシヒナカブトがメインでオオクワガタはオマケの様な感じに成りつつ有る事に
薄々気付いていながらも、今回も“ミヤマクワガタ”の野外採集の話です。><;


2016年7月12日(火) 天候:晴れ 最高気温:27℃
今日も朝から天気が良く仕事をしていてもソワソワ集中できない(汗
精神的に落ち着かない病気(笑
先週末で業務が一段落して午後から早退しても特に支障が無さそう・・・。


半休を頂いて、精神が落ち着く場所へ行って来ました。(ダメな大人の見本です)

深山採集道中① 

深山採取道中②

目的の場所に到着して早速、一蹴りっ!
落ちて来ました、そこそこのサイズの♂が^^
更に木を変え場所を変え探します。
しかしながら、75mmを超える諭吉10人的なBIGサイズは見つかりません(笑

更に車で移動して奥地へ進む。
そしてショッキングな場面に遭遇してしまいました。。。

深山交尾中① 

深山交尾中② 

そうです!WDな奴らは既に交わっているのです!!
サイズも♂は50mm~60mm程度のサイズの為、そのまま放置。

この時期で野外採集やヤフオクで出品されている♀は
既に交尾済みの可能性が高いって事ですよっ!?(((((( ;゚Д゚)))))

深山♀食事中 
樹液を吸っている♀(サイズも小さく近くに♂が居て交尾済みの疑いも有ったので見逃し)

気が付けば時刻は14時を過ぎ、かなりの暑さ。
さっきまであれだけ居たミヤマクワガタの姿は全く見つける事が出来なくなったので野外採集終了。

気になる結果は・・・最大66mm(´・ω・`)

♂は~65mm以下と♀の~40mm以下は10頭以上リリースしました。
66mm♂は超新成虫なのでしょうか?金色の産毛がびっしりと生えています^^

調子に乗って明日は日の出直後、出勤前に(起きれたら)野外採集に行く予定。
目標は76mmUP!
ヤフオクで10万円を超える様な個体は、なかなか見つからない物ですね

♀は交尾済かもしれませんので、暫くの間『産卵セット』に投入して確認します。


今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問もお待ちしております。

【グロ画像?有り閲覧注意!】ちょっとココだけの話  

みなさまっ!
今宵も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。

ここ数年?、北海道に勢力的店舗拡大中のホームセンター『K』
ペットコーナーの一角に昆虫飼育用品も販売

twitterでも呟きましたが
2週間前に、こんな菌糸ビンを発見してしまいました(´・ω・`)



↓↓↓【グロ画像注意!】↓↓↓
















フジコン菌糸ビン 

(5本販売中で3本にキノ発芽・2本にキノコバエ大量発生)

今週末、地元の天気は生憎の雨模様。野外採取を断念。
野外採取の準備として採取個体の一時保管用に釣り具店でルアーケースを購入。
その帰りの道中、気が早く心配性の自分は現在2令幼虫のヨツボシヒナカブトの産卵用にと(爆笑
「水苔」が気になって仕方なくなり取り扱っている『K』店に再度お邪魔してみました。
・・・当然、買いませんけど。

菌糸ビンコーナーには、さすがにキノコバエが大量発生していた2本は撤去、回収されていましたが
キノコが立派に育った菌糸ビンは3本継続販売中。。。
キノコに栄養を吸い取られ中はスカスカの状態(´・ω・`)
担当者は商品を並べるだけじゃなく、商品知識も身に付けて頂きたいものですね。

話は変わり
先週の日曜日に、道産ミヤマクワガタ♂76.4mm+♀フリーペアが
128,000円で落札と当ブログでもご紹介させて頂きましたが
先ほど終了したYahoo!オークションで
道産ミヤマクワガタ♂単品77.2mm
163,000円と言う高値で落札された模様!

道産772mm                               (オークション終了直後の画像)

この様な個体を入手できる人は本当に羨ましいです

それにしても恐ろしい世界です^^

えっ、もしかして、もしかすると・・・
遂に『第一次道産ミヤマブーム到来』 か・・・。



今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問もお待ちしております。



はっ、はかせ~っ!  

みなさま、こんばんは^^
今宵も貴方の貴重なお時間を最大限に無駄にする当ブログに、ご訪問して頂き有り難う御座います。
(今回は違うかも・・・!?)

昨夜の菌糸ビン青かび発生事件のショックから立ち直れず朝を迎え出社。
今日も仕事を終えたのが19時。
光の速さで退社して向かった先が・・・



むし博士 

札幌市西区に有る昆虫専門販売店のむし博士
産経ニュースにも取材されています
到着したのが21時。会社を出て約80km、2時間のドライブです。

生憎、店長様は不在でしたが奥様が素敵な笑顔でお出迎えしてくれました。

正面玄関を開けて真正面に見える標本は圧巻です。
店内1 


店内の様子はこちら↓

店内2 

かなりの種類の昆虫達も綺麗に陳列されていました。
何時間も眺めて居たい幸せな気持ちになれます。
長居をすればするほど昆虫が欲しくなる危険性が有るので“要注意”です^^;
(※撮影及びブログ掲載許可を条件付きで頂いております)

今回、お店にお伺いさせて頂いた目的は2つ。
M's様ちょく様から推薦して頂いたヨツボシヒナカブトのマット
『ギネス・カブトマット』の購入です!
通販でも道内なら僅か400円と格安の送料で発送して頂けるのですが
お店にも大変興味が有りましたのでお伺いさせて頂きました。
神長きのこ園様のs3菌糸ビンも取り扱っている様なので
緊急で数本必要な場合は助かる存在になります。

そして・・・この子の受け取りです。
道産ミヤマ733 

北海道産ミヤマクワガタ♂73.3mm+♀43.2mmのペア
やはり大きい個体は迫力が有って、かなり格好いいです!(親バカ)

外気温15℃なのに更に車内の冷房を最大にして帰り道の2時間、3人で震えて帰って来ました。

低温管理で仮死状態からの目覚めと2時間の移動が重なって、かなりの興奮状態なのでしょうか?
ミヤマの♂って、こんなに凶暴で厳つかったけ?って感じです
これで自力の野外採取で今シーズン結果が坊主でも安心できます。

※サイズを見て入手経路や金額にピンと来た方は、お口にチャックでお願いします(笑
これからも昆虫の為に身を粉にして働きます><

最後に、丁寧な対応で接客して頂いた、むし博士の店長の奥様にも感謝いたします。
本当に有り難う御座いました。
次回お邪魔した時は店長様に昆虫の話や店内に有った冷蔵ケースの詳細を聞かせて貰いたいです。


今回もブログを読んで頂き有り難う御座いました。
次回の、ご訪問もお待ちしております。





▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。