黒い魔物に魅せられて(仮)

オオクワガタの魅力に嵌った男が、とりあえず86mmUPを目指し悪戦苦闘しながら失敗談を記録するブログ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クワガタ・カブトのペレット飼育の是非  

ご訪問して頂き有り難う御座います。(今回長文です・・・汗)

今回は先日の予告通り成虫用マットのお話(商品レビュー)になります。

去年、某昆虫ショップのHPで「ペレット飼育を推奨」と言う文字に興味を持ち
今年の5月にyoutubeでペレットでの飼育の動画を見て購入を決めました。

いつもお世話になっている通販の店でも猫砂として「ペレット」を取り扱っていますが
商品説明に接着剤として「でんぷん粉」を使用と、記載されていて昆虫に使った時に
ベタベタ、ヌルヌルしそうだったので却下。

youtubeで紹介されていた製造販売元のいび森林資源活用センター様にペレットの製造方法を
問合せしたところ高温・高圧の圧縮のみで形成しているとの事で安心しました。

今回、購入したのは
猫砂用ペレットいびペレ(クワガタのおふとんに混ぜる為)
クワガタのおふとん(成虫専用飼育マット) 微粒+ミニペレット
クワガタのおふとん細粒&粗粒 
希望に合わせてMIXや乾燥・湿潤タイプの選択も可能と言う事なので
今回は乾燥タイプの細粒70%+粗粒30%の割合でブレンド
全部で3種類購入

いびペレ 

この、いびペレ製造時に出た屑を集めたのが
「クワガタのおふとん(成虫専用飼育マット) 微粒+ミニペレット」
いびペレより価格が安くお買い得です。
 微粒+ミニペレ

見た感じ50~70%くらいが微粒のイメージ
吸水性に優れ3倍に膨張するそうですが・・・

吸水前    吸水後

実際は3倍以上?に膨張すると思われますので使用(投入)量には注意が必要です。
10日前に、ほぼ同量で使い始めましたが♀はとにかく汚すので、この差です。
 ↓♂側           |  ♀側↓
10日後 
昆虫ゼリーの水分が有る為、加水(霧吹き等)は一切、行っていません。

使って見た感想は・・・一長一短
特に国産カブトの♀はマットに潜れないので、かなり落ち着かない様子。
無理矢理潜って浮上して来た時は、粉で真っ白になりますw
ペレットが解れて潜れる状態になった時にには、マット交換のサインかも。。。
保管には圧縮されている分だけペレットの方が場所を取らずに良い。

個人的に
クワガタのおふとん細粒&粗粒の方が好みに近いですが
(↓ 細粒70%+粗粒30%)
細粒70%+粗粒30%MIX 

もっと針葉樹(ヒノキ)の香りがすると嬉しい自分・・・。

特筆すべきは
数ページにわたる購入商品の含有物質等の検査報告書(コピー)が同梱されていました。
更に直筆の手紙と地元のお茶パック2個(二杯分)も添えられていてた事が好印象で記憶に残ります。

次回、注文時は
クワガタのおふとん細粒/粗粒/微細粒(パウダーマット)の3種を購入してMIXすると思います!

価格も安く、色々な形状のマットを販売しているので
飼育されている種類や環境、お好みに合わせて選択も出来ます。
一度、お試し購入されても良いのではないでしょうか。






我が家のクワガタもカブトも基本はクヌギマットが落ち着く、ご様子。
ダニが発生したときに針葉樹マットを使う方が虫たちにとっては幸せそう。

昨夜、最後の幼虫(阿古谷産)が羽化しました。
ボトルの外から覗く限りでは能勢YG血統より大きい(´・ω・`)
祖父江産76.8mmを超えていそうにも見えます。
時期をみて掘り出したいと思います。

閲覧有り難う御座いました。
















スポンサーサイト

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。